出産祝いを女の子へ贈る時

■女の子への出産祝いと服

私は女の子を今育てている身なのですが、やはり出産祝いの贈り物には服が多かった!という記憶が非常に強いです。あまりにいっぱい(お下がりも含めて)もらったので、私は子供服を買った記憶がありません...。

女の子のファッションというとフリルがついたピンク、と昔は相場が決まっていましたが、最近は黄色やオレンジなどポップなものやモノトーンのちょっと上品なお出かけファッション系のものもたくさんあります。
サイズ70くらいからなら、Hushushなどのお店でも女の子用の可愛い服が選べるので、通販サイトなどでお店を調べておいてお披露目外出が増える頃の時期(サイズ70?)や服を汚しやすくなる離乳食開始時期(サイズ80?)に合わせて出産祝いとして贈ると喜ばれますよ。

自分はファッションセンスに自信が無い、女の子の服を選ぶのが苦手、という方はこれからの寒い時期ならケープ(マント)を出産祝いに選ぶのもおすすめ。
着せただけでも可愛いし、抱っこ紐を使う方などはこれを赤ちゃんにかぶせるだけでも安心して外出できますよ。


■出産祝いのおもちゃ

出産祝いでおもちゃを贈る相手が女の子の時、ついつい選びたくなるのがぬいぐるみですよね。わが家も性別が女の子とわかってから「遊んでくれたら嬉しいな」と思って(ちょっと先走り気味に)リラックマのぬいぐるみをプレゼントに買ってしまいましたが、今はいい遊び相手になってくれているようです。
こういったぬいぐるみを選ぶ時は、かわいいかどうかも大事ですが「肌触りのよさ」も重視することが大切です。
単純にさらさらふわふわとしたさわり心地を求めるならば通販で買えるようなポリエステルのものでもいいのですが、アトピーなど敏感なお肌の赤ちゃんならば「タントくん(3,800円)」など、肌に触れても安心なコットンのぬいぐるみを出産祝いに贈ってあげると嬉しいかもしれませんよ。


■女の子ならではのプレゼント

実は女の子への出産祝いで密かに喜ばれると評判の贈り物が「ブランケット(ひざ掛け)」。
お昼寝の時に使ったり、ベビーカーに乗ってのお出かけの時にも便利ですが、この先女の子が大きくなったときについて回ってくる冷え性の対策グッズとしても使えるのがこの出産祝いギフトのいいところです。
もちろん可愛い女の子向けの物を贈ってもいいですが、友達何人かで大金を出し合うので出産祝いギフトにかなり予算を奮発できちゃうよ!という場合は、思い切ってバーバリーのウールの物を買うのもいいですよ。
小さい子供にかけるにはちょっと見た目があっさりして見えるかもしれませんが、品がしっかりしているので、出産祝いでも大事に使えばお母さんと娘の二人で一生使い続けられます。


楽天で調べる場合はこちら⇒『バーバリー ブランケット

出産祝いを女の子へ贈る時の関連記事

▲出産祝いを女の子へ贈る時トップに戻る