出産祝いのお返しについて

■出産祝いのお返しについて

出産祝いのお返し、と聞いて「そんなの、もらってから考えればいいんじゃないの?」と考える方もいると思います。
それは間違っていませんがちょっと待って下さい。

出産祝いは出産後1ヶ月(から6ヶ月)にもらい、内祝い(出産して1ヶ月)の頃にそれぞれのお宅に送るのが通例です
...想像してみてください、産後疲れ+育児+里帰りしない場合は家族の世話...と、この1ヶ月はかなりハードで内祝いを悠長に選べるかどうかはまったく謎です。
少なくとも「これにしとこうかな」ぐらいは決めておくといいと思いますよ。


■出産祝いのお返しランキング

出産祝いのお返しのランキングでじわじわと人気を集めているのが「写真と名前入り抱っこ米(だっこまい)」

米といっても「子供の生まれた体重と同じ分の重さのお米」なんです。

遠方にお住まいでお祝いにはなかなか行けない親戚などに挨拶代わりに贈ると、抱っこ気分が味わえて嬉しいそうですよ。

楽天市場の「出産内祝いのだっこ米ギフト館(金額は税・送料込みで4,980円)」では高級和紙に写真を印刷してくれるのでビニールのものと違い印刷がかすれて消えないと評判です。
袋も記念にとっておけますので、お返しの他に自宅用に購入する方も多いそうですよ!

【だっこ米】出生体重米 赤ちゃんの笑顔をプリント楽天2009年5月第3週ショップオブザウィークジ...


■親から出産祝いをもらった場合

親から出産祝いをもらったけど、金額に関わらずお返しをしようとしたら怒られた...という方はいるのではないでしょうか。
理由をつけて渡そうとしたら断られた、とか。そういう親御さんは非常に多いと思います。

断られた場合は無理にマナーを通すことは諦めて、これからちょくちょく子供を連れてあいさつに行くとか、
写真(と、それをまとめるアルバム)を送るほうがよほど喜ばれるかもしれません。
孫の可愛い姿を見ることが出来るのが一番のお返し、とも言いますしね。


■出産祝いのお返しの金額とは?

出産祝いのお返しの金額は「半返し」と呼ばれている通りにいただいた出産祝いの半額もしくは三分の一相当の物をお返しするのがマナーとなっています

とはいえ、いただいた出産祝いの金額をわざわざネットで調べるのもなんだか失礼だし野暮な気もしますので「このくらいかな」という大雑把な見当をつけてお返しを選んでも構いません。

お返しは「出産祝いをいただきありがとうございます。
これからも子供ともどもよろしくお願いします」というあいさつの代わりでもありますしね。


■内祝いの場合には?

内祝いで根強い人気を誇っているのが、名前入りのカステラ。


特製ハニーカステラ・内祝1D号
名前も一発でわかって(名前はひらがな表記です)しかも嫌いな人のあまりいないお菓子ということで選びやすいし、贈られたほうも喜ばれるそうですよ。

ベネッセのたまひよ内祝いショップでは可愛いたまちゃん・ひよちゃんのキャラクターと名前が白砂糖で描かれた名前入りのカステラが大人気を誇っています。

製造しているのはカステラの老舗の文明堂なので、見ても食べても幸せ気分に浸れますよ。

出産祝いのお返しについての関連記事

▲出産祝いのお返しについてトップに戻る