出産祝いの相場

■出産祝いのギフトについて

出産祝いのギフトは大体3,000円くらいのものからが揃っていることからも、
出産祝いの相場は3000円位から ...ということがわかります
(大体デパートなどでのギフトセットが3,000円・5,000円・10,000円になっていることからも、その金額が相場としてお約束になっているのだなとも思います)。

また、相場よりも少しお安いものを選んで、一緒にお金を包んで送る...ということも出来ます。どのように贈ろうかと考えるのも大事ですよ。


■友人などのお返しの場合

友人など、周りの人から出産祝いをいただいた場合はやっぱりお返しが必要です

「半返し」という言葉があるとおり、お返しの相場は大体「いただいた贈り物の約半額程度(厳密にこだわる必要はありません)」が慣例になっています

それぞれの相手に合わせて贈り物を選ぶというのも楽しくていいのですが、産後のきつい状態でお返しを選ぶのは想像以上に大変です(実体験済みです)。
出産前に相場をチェックしつつ、先持って選んでおくことをお勧めしますよ。


■会社の人の場合

会社の先輩や後輩、同僚などへの出産祝いの相場は大体3,000から5,000円程度
そう頑張って贈り物を選ぶ必要はありませんし、同じ部署のメンバーの連名で出産祝いを贈ってもOKです(そのほうが、相手もお返しに気を遣わずに済みます)。

友人に出産祝いを贈る場合は、連名で出すか個人で出すか人によって変わってくることもありますので、「どうする?」と聞いてみてもいいですね。
連名の場合のお返しは、1個1個ばらばらになるプチギフトやお菓子を半返しの相場で用意される方が多いようです。


■身内の出産祝いの相場について

身内への出産祝いの相場は5,000から10,000円、もしくはそれ以上と少々お高めになる傾向があるようです
内容もお金+ギフトや、高めのものを揃えて贈る...という方が多いようですね。

ある程度相場が上がってくると、服・食器などプレゼントもやたらとかぶってしまうのが問題になってきます(子供用の食器は、双子でもない限りたくさんあっても困ってしまいます...)。
ここは身内で相談してできる限り贈るものがばらばらになるようにするのも大切ですよ!


■二人目の出産祝いの場合

二人目の出産祝いはどのくらいの金額を用意していいのかわからず「相場は?」と聞く方もけっこういるようです。(私も同じような体験をしたことがあるのでよくわかります)

実際は?というと、一人目と金額は同じでいいんです

一人目も二人目も生まれてきたことがとってもおめでたいことには変わりはありませんし、差をつける必要も無いと思います。
一人目よりも二人目はお祝いが少ないと言う話もありますので、贈ったら密かに喜ばれるかもしれません。

出産祝いの相場の関連記事

▲出産祝いの相場トップに戻る