出産祝いの祝儀袋について

■出産祝いの祝儀袋について

出産祝いの祝儀袋は関東では紅白の蝶結び、関西では同じく紅白のあわじ結びがポピュラーとなっています。
何度でも結びなおせる=何度でもOK!という意味が水引に込められています。

あと、祝い品につける熨斗(熨した=伸ばしたあわび)を添えるのも祝い事の場合のマナーですので、袋を選ぶ際は間違いがないように注意しましょう(見本をチェックしておきましょう!)。


■祝儀袋の代筆について

祝儀袋の代筆を頼みたい...という方もいるかもしれませんが、出産祝いの場合は「自分で書くことに意義がある」ということもあります
(私も昔、結婚式のご祝儀で習字師範の母に代筆を頼みましたが、同じ理由で却下されたことがあるのです...)。

自分で出産祝いの祝儀袋に名前を入れる場合は、ボールペンなどではなくきちんと筆を使ってくださいね(もちろん筆ペンでOK)。
そのときは(書き方以前の問題ですが)真っ黒い墨の物を使って書くようにしてくださいね。
薄墨はお葬式の香典袋に書くときに使うものです。


■出産祝いを現金で渡す場合?

出産祝いを現金で渡す、という場合に祝儀袋の中袋に入れるお金は「新札」を入れるようにするのがマナーです。
逆に「新札でないお金」を中袋に入れるのは、お葬式のときだけ...と覚えておくといいかもしれません。

また、お金の入れ方は封筒の表面から見て、お札の表が来るように入れるようにするのがポイント。
表はどっち!?という方は「福沢諭吉、樋口一葉、野口英世」が封筒の表面に来るように入れ方には注意しましょう。そちらが表です。


■祝儀袋の書き方

祝儀袋への文字の書き方ですが、袋への表書きは「四文字の言葉は避ける」というのがマナーとされています。
これは四という数字が「死」を暗示し不吉と言われているからです(同じ意味合いで九(苦)があります)。

ですので、出産祝いは書き方の見本で「御出産祝」というのがポピュラーですが、実はこれはアウト。
忌み語を避ける意味では「御出産御祝」ともう一文字プラスするようにするんですよ。
ちょっとコテコテして余計な気もしますが、これで大丈夫なんです。


■出産祝いの祝儀袋の包み方

出産祝いの祝儀袋の包み方ですが、結婚式のご祝儀と同じように袱紗に包んで持っていくというのが正式な方法です。
そうしないと角がぼろぼろになったり、汚れがついたりしてしまいますからね。
きれいな袋を渡す、というのも大事なマナーの一つなんですよ。

袱紗以外にも、ミニサイズの風呂敷に包んでお渡しするという方法もあります。500?1000円で安く手に入れることも出来ますので、そのまま袋ごと出産祝いを渡しても大丈夫ですよ。

出産祝いの祝儀袋についての関連記事

▲出産祝いの祝儀袋についてトップに戻る