出産祝いの袋について

■出産祝いに現金?

出産祝いを現金で渡そう、と思っている方もいると思いますが、
そこで出てくる疑問は「どのようにすればいいの?」ということ。

流石に現金をそのまま渡しちゃいけないことや金額はわかっていても、
つける紐(水引ですね)はご祝儀袋みたいにゴージャスなのがいいのか、
書き方はどうすればいいのかなど、思った以上に謎がいっぱいです。

何も調べずに出産祝いを贈って失敗して恥をかくよりは、本などでしっかりと調べてきちんとお祝いを贈るようにしましょう。


■出産祝いの袋の表書きについて

出産祝いの袋の表書き(上の方に書く「御祝」「内祝い」のような贈り物の種類を示すものです)は「御出産祝」がポピュラーですが、
祖父母の方に贈る場合は「御孫御祝(初めての孫の場合は「御初孫御祝」)」とするようです。

また、贈った出産祝いで服を買ってほしい!という時は「肌着料」などと書き方を変えてもOKなのだそうですよ。

なお、お返しをする時は表書きは「内祝」。
下には赤ちゃんの名前を書くのが通例ですが、
その時は名前にふりがながあると丁寧です(最近ご年配の方は読めない名前が多い、という意見もあるので...)。


■水引ののし袋について

水引はのし袋などの贈答品に添えられる飾り紐ですが、出産祝いは蝶結び+のしを添えた袋を使うのが一般的です。

これは、蝶結びが何度でも結び直せることから「何度やり直してもおめでたい」ということをなぞらえているのだそうです
(逆に、結婚のお祝いで蝶結びはマナー違反。だって何度も結婚するのはちょっと...ですよね?)。

関西では蝶結びではなく、あわじ結びがしきたりとなっているようです。
また、色も赤と白がマナーになっています。
こちらは、市販の出産祝いで使われる袋がほとんどその色で作られ販売されているので、問題は無いと思いますよ。


■出産祝いの現金の渡し方

出産祝いに限らず、現金を袋に入れて渡すとき、どのように入れるのか...というのは気になっても、あまり深く考えずにお金を入れていませんか?
本などを読むと、きちんとお金の入れ方にもマナーがあるんですよ。

現金は袋の中の「内包み(最近は封筒ですね)」に入れるのですが、封筒の表側に人(福沢諭吉、樋口一葉、野口英世)が来るようにしてまとめます。
それから出産祝いのようなお祝い事の時は祝儀袋の折り返しが上に来るようにしてくださいね
(これは祝い事が何度も来るように、という願いを込めたなぞらえなんですよ)。


■水引の使い方

水引は蝶結びで赤白を使う...という昔から本などで伝わってきたマナーを守るのもとてもいいことですが、
仲のいい友達などならば出産祝いの袋のの水引を少し変えても喜ばれるかもしれません。

オンラインショップの「水引館」では、高級な伝統を守りながらもその型にとらわれ過ぎない美しい袋を作っています(安いものは3枚組50円、オリジナルのものは1500円?)。
そんないいものだと怖くて筆で名前なんか書けない!という方は300円?で代筆もしてくれるそうです。

出産祝いの袋についての関連記事

▲出産祝いの袋についてトップに戻る