出産祝いの書き方

■出産祝いについて

出産祝いを友達に贈るとき、ただ送るだけではなくメッセージの付いたカードがあるとよりお祝いの気持ちが伝わるし、相手も嬉しいもの。

デパートから直接送るのもいいですが、 可愛い箱を用意してプレゼントを詰めて、メッセージカードを入れて贈るというのもなかなか楽しいですよ
(のし紙はつけたほうがいいかもしれませんね)。

このときのカードの書き方は自由!

細かい書き方などはともかく、赤ちゃんが無事生まれた、出産祝いの気持ちを素直に伝えることが一番です。


■出産祝いと礼状について

出産祝いの礼状を送るのも、またマナーの一つです

産後色々と大変な方は、身内なら電話で「出産祝い届きました」というお礼の電話をして、内祝いを送るときに手紙を添えてもいいかもしれませんね。
ちなみにいつまでにすればいいのか...というと、いつまでという期限があるというよりも出来るだけ早くというのがマナーです

こういったお礼状を送る時はきちんとした書き方を心がけたほうがいいと思います
一人目の子供を出産したあとの初めての親としての手紙なので、
書き方もいつもより丁寧に、を心がけましょう!


■出産祝いの手紙の書き方

出産祝いの手紙の書き方もよくわかりませんよね。
最近メールしたばかりだし、別に書かなくても...という方もいると思います。

それでも親しき仲にも礼儀は大事!きちんと書き方を調べて書く事でこの先にも絶対役立つことは間違いありません。
インターネットにはありがたいことに書き方文例もたくさん載っています。

その文例をそのまま使うのもいけなくはありませんが、それを参考にして自分の言葉で出産祝いの気持ちをまとめていければいいですね!


■プレゼントについて

プレゼントをもらえばお返しをするのもまたマナーです
出産祝いをもらった場合は「内祝い」という形でお返しをします

この内祝いにも礼状代わりにお手紙を添えて送ると喜ばれますよ。
このときも、書き方は自由ですがお礼と、子供の様子などを少し書き添えると嬉しいそうです

前はよく写真を添えたものが送られてきたのですが、最近はデジカメ写真をメールで送ったりするので写真がなくても...という話もありますが、
産まれてすぐの写真などがあるとけっこう喜ばれますよ(珍しいみたいです)


■礼状の書き方について

礼状では、書き方に関しては良く調べる人もいますが、気をつけたいのが「文字」

色々な人から出産祝いが届いて、お返しに育児に大変な気持ちもわかりますが、丁寧に文字を書くこともとても大事なんですよ。

「文字、下手だから...」と言われる方もいますが、どんなものでも文字の美味い下手よりも丁寧かそうでないかで伝わるものが結構変わってきます(履歴書などもそういいますよね)。「丁寧に!」が大切です。

出産祝いの書き方の関連記事

▲出産祝いの書き方トップに戻る