出産祝いの金額について

■出産祝いについて

出産祝いといえば、 やっぱりベビー服などの祝い品を送る方がほとんどだと思います が、
どうしても何を送っていいんだかわからない...という方は、やっぱりお金を送りたくなることと思います。

そうなってくると気になってくるのが金額
物を選ぶ時は「金額はこのくらいにしよう」と予算を考えればよかったのに、のしに包むとなると悩みますよね。
お悩みの方はたくさんいるようで、それにまつわるインターネットのページがたくさん作られ、公開されています。


■出産祝いの金額と相場

出産祝いの金額の相場ですが、実際にもらった人が言ってしまうと身内(おじ、おばや兄弟)からは10000円をいただきました。
いとこはお金ではなく絵本や服、食器などのベビー用品を贈ってくれました。

身内の出産なら、親族などで「金額とか予算どうする?」と連絡を取り合ってあわせてもいいですね。
ちなみに私の身内(兄弟含め)は本当に示し合わせたように可愛いのしばかりでした。こういうのも地味ですが嬉しいです。


■会社の人に子供が生まれたら?

会社の同僚・先輩・後輩。会社の仲間に子供が生まれたとき、

出産祝いはどうしよう?
会社にそんな前例がないからどうしよう!

という時は「部署の人全員、一人1000円徴収」なんてどうでしょうか(実際にやった話です)。

それをのしに包んで渡すなり、出産祝い品を買うなりして渡す...というのは?
ちょっとそれはなあという方は、 経理や総務に「こういう場合、うちの会社じゃ金額とかどんな風にやってるんでしょうか」と電話やメールで聞くのもいいですよね。


■双子の場合にはどうする?

双子はすべての出産の1%という稀な出産ということですが (その割に、私の住む地域にはえらく双子が多い...)、
そのときの出産祝いの金額は 「いつもの金額×1.5倍」が相場なのだそうです

双子だから奮発するのも悪くないですが、今度は贈られた方が困ってしまうので、程々にすることも大切なんです。
金額は1.5倍ですが、一緒に品を贈る時は必ず!ふたり分用意してあげてくださいね。
産まれてすぐに取り合いっこはちょっとせつな過ぎます。


■出産祝いは自治体からももらえることも?!

出産祝いは兄弟姉妹や親戚からもらうだけではありません。
自治体によっては出産をしたら祝い金をもらえることもあります(これは出産一時金や養育資金にとって変えるところもあるようですね)。

東京では奥多摩町で第1子から出産祝いをもらえるそうです
金額も5万→10万→20万とどんどんと上がるそうです。少々都心からは離れますが、自然も豊富で所得制限もなく、子供の医療費の助成も就学前までと充実しています。
...奥多摩に引っ越してみるのもいいかもしれませんね

出産祝いの金額についての関連記事

▲出産祝いの金額についてトップに戻る